大阪と奈良の畳ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々に本読んでて腹抱えて笑った

<<   作成日時 : 2012/10/27 12:59   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

高橋秀美さんの「弱くても勝てます」。
新潮社から出てます。
結論から言います。
超おすすめです。。
すぐに読める。おもろい。ためになる。見聞が広がる。
いろんな要素が詰まってます。

弱くても勝てます [ 高橋秀実 ]
楽天ブックス
開成高校野球部のセオリー 高橋秀実 新潮社発行年月:2012年09月 予約締切日:2012年09月2


楽天市場 by 弱くても勝てます [ 高橋秀実 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


いえね、ここ数日風邪を引いてまして。
凄く早く帰っては、さっさと寝てるんです。
とはいえ、ベットでじっとしてるのも退屈なので、TED見たり、本読んだりしてたんです。

で、手に取ったこの本。
一晩で読んでしまいました。

西の灘高、東の開成といえば、東大生輩出センターと言ってもいいくらいの、超名門校ですよね。
この本は、ここの野球部を題材にしたるポタージュなんです。
いやあ、いわば日本一勉強ができる学校ですから、とうぜんスポーツなんかやって場合じゃない訳で。
当然、野球の練習なんて週1回ですよ。
それも数時間で、他の部活にグラウンドを取られる有様。
とうぜん、一勝するのもやっとですよ。
創部以来、「一勝が目標」という期間が随分長く続いたそうです。

ところが、近年、甲子園の地区予選ベスト4とか、随分輝かしい成績を収めてるんですよ。

そこで、我々凡人は邪推するんですよ。
IQ日本一の学校だけに、頭脳野球で乗り切ってるんじゃないか?って。

ところがどっこい。
入ってくる生徒は、野球未経験者も含まれ、当然人数も揃わない有様。
守備以前に、キャッチボールもままならない状態だそうです。

そんなレベルなので、頭脳を使うっていうか、それ以前の状態らしいです。

なんといっても、ポジションの決め方が斬新。
投手:まともにボールが投げれる。
内野手:そこそこボールが投げれる。
外野手:それ以外。
わw斬新www

外野手が方が強い、とかそういうのは、上手になってからのセオリーなんですね。

打順の決め方もスゴイです。
一番俊足、二番技巧派とかじゃないんです。
ボールが遠くに飛ぶ順。
なんですか、その基準w

当たるとか、当たらない以前の問題らしいです。
とにかく思いっきり強振出来るかどうか。
そこを見ていくしかないそうです。

当然サインとかありません。
サイン出しても、できないから、見てないから。
バントもありません、盗塁も自己判断。
週1回の練習では、とてもじゃないけど、サインプレーなんてレベルまで、できないから。らしいです。

それがですよ。
他の高校に12−2とかでコールド勝ちしたりするんです。

小学校からリトルリーグに入ってるエリートで、部員が60名を超えてるような立派な野球部に、冗談みたいに勝ったりするんです。

そりゃもう、決め手は監督さん。
なんつっても、守備練習なしとか、ハンパないアナーキーさです。
打撃も、ヒットを打っても、フルスイングじゃないと怒られる。
三振しても、フルスイングならオッケー。
もう、訳が分かりませんw

試合中も「野球をしようと思うな!」「ドサクサ!ドサクサ!」「打ちやすいボールを投げろ!」とか、訳の分からない指示w

とにかくこの人のコメントが笑えるんです。
寝室で読みながら、何回も声に出して大笑いしてしまいました。

そして、どこか醒めていて、どこかのんびりしていて、どこか哲学的な、開成の部員達。
彼らのインタビューも、なかなか示唆に富んでいて、楽しめます。

久々に、おもしろい!
と感じた痛快な一冊。
いや〜、読んで欲しいな!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々に本読んでて腹抱えて笑った 大阪と奈良の畳ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる